トップ

学校の設置について知る

学校法人に関する学び

クーラー

学校法人の創設者は私財を投入

学校法人とは、幼稚園や小学、中学や高校、大学や大学院までの、私立校の設置を目的として、設立される法人のことになります。自主性と公共性という、公私を兼ね備えた特徴を持っています。基本的には、創設者となる人物が私財を投入して、土地や建物の施設、設備などを揃えることになっています。これらは、寄附行為とみなされるようです。これまでの学校のなかの、有名な私立大学創設者には、慶應義塾大学を創設した福沢諭吉や、早稲田大学を創設した大隈重信、津田塾大学を創設した津田梅子など、世界的にも名を知られている著名人がいます。

法人について解説する

学校法人とは、私立校を設置するために設立される法人のことです。より良い教育環境を作り出すための創意工夫を生む自主性と公共性を併せ持つことが特徴となります。基本的には創設者が私財を投じて創設されることになります。学校は法律によって、必要となる土地や建物や設備などが定められていて、それらを全て創設者が用意することになります。そしてその財政状況が悪くなったとしても、法律によって企業のようにその事業を潰すことはできないものとなっています。そしてその運営には、経営に関しての決定を行う理事会とそれを執行する理事、そして評議員会の設置が義務づけられているのが特徴となります。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の設置について知る. All rights reserved.